気付けばとれた腕の痺れ 60代女性 A様

ご連絡を頂き出張施術へ

お聞きすれば「右腕全体が痛い・・・」とご相談頂き

早速施術。

背中から肩、頚椎、上腕から指先へ

隈なくCSを転がす。

各ポイントで施術の痛みがでており

術後お聞きすると

「痛みがすっかり治った!」とのご感想。

「良し良し」とその日は終了。


再度、ご連絡を頂きお宅へ

「痛みはスッパリとれたが痺れがある」と

術後、約2週間 痛みから痺れに・・

同様に施術。

その場での変化はなく帰宅。


それから再度・約2週間

「まだ手の平から指先に痺れがある」と

お!痺れの箇所が減っている!

前回その場での変化は無かったが

変化している。

「これが細胞の自然治癒力か?!」

同様に施術し帰宅。


それから少し日にちが空き、ご訪問

「ちょっと間が空いて、腰が少し重くって」

 腰 ? !

私「あの・・手の痺れはどうですか・・?」

A「そういえば痺れてないね、ああ本当に」

いつ痺れがなくなったのか分からず

もう忘れていたようで。

A「しかしこれだけ痺れがとれたら

  信じるしかないわね」

疑ってもおられたようで・・・。


いずれにせよ

施術していけば変化により

効果が出る事もわかり

信じても頂けたようで

これまた施術者冥利に尽きるのである。

施術処CS60下関

今日の元気がつくる未来へ ボディセルメンテナンス ライフリフレッシュ CS60下関

0コメント

  • 1000 / 1000